スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ポートフォリオ・リバランスの為オプトエレクトロニクス(日本株)売却

    ポートフォリオリバランスの為、オプトエレクトロニクス400株×656円を売却しました。

    先日運用方針&資産配分計画(確定バージョン)を確定させ、日本株の目標ポートフォリオを大幅に下げたことから、今回オプトエレクトロニクスの売却に踏み切りました。

    売却した理由は他にもあり、オプトエレクトロニクスを購入したときは、まだキャピタルゲインでの利益を考えており、
    610円で購入してから瞬間から塩漬け株になり、約1年半保有し先日、新製品期待のニュースからストップ高を付け、660円になり、利益が配当を含め10%程になったので売却を決意。

    今回の売却で日本株のポートフォリオは26%から24%に減少しました。
    もちろん、日本株を売って得た現金はアメリカ株を購入し、連続増配銘柄に振り分け、配当金を増やしていきます。


    ここまで読んでいただいてありがとうございます!

    にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
    にほんブログ村


    スポンサーサイト

    高配当銘柄とは?

    最近ふと思ったことがあります。
    よく投資本を読んでいると「高配当株」や「高配当銘柄」など記されていますが、
    「高配当株」「高配当銘柄」の基準って何だろうと思っていろいろ調べてみました。






    1 結論 

    結論から申し上げますと、いろいろ調べましたがやはり基準らしい基準は私は見つけられませんでした。ただ、2つの仮説をたてました。
    「配当利回りランキング上位説」と「個人の感覚説」です。
    おそらくその中でも「個人の感覚」が有力と考えます。



    2 個人の感覚説が有力?

    投資本や投資系のインターネットのサイトにほぼ必ず掲載されている配当利回りランキングは皆さん見たことがあると思います。
    おそらくこのランキングの上位に入るような銘柄を高配当銘柄になるという説を考えてみます。
    配当性向などを抜かして、この高配当利回りランキングを上位銘柄をみるとおそらく、文句なしに皆さん高配当銘柄とおもうはずです。
    配当利回りは、配当金÷株価で算出される指数ですが、この式のとおり株価が高いと配当利回りは下がります。

    例えば、現在の【PM】フィリップモリスの株価で計算してみます。
    ちなみにフィリップモリスは米国会社四季報2016年秋冬号【電子書籍】の配当利回りランキングで44位にランキングしています。
    本年のフィリップモリスの配当金は1株配当4.04ドルになる現在の株価96.39ドルで
    4.04ドル÷96.39ドル=4.19%になります。
    ランキングも上位44位なので高配当といえるし、個人の感覚からも高配当といえます。

    仮に米国株がバブルになりすべての株価が2倍になった場合を計算してみると
    4.04ドル÷192.78ドル=2.09%になります。
    この場合でもランキング44位になるので、その環境下では高配当銘柄といえるかもしれないが、現在の個人の感覚では正直高配当ではありません。


    上記の点から私は、おそらく世間一般でいわれる「高配当銘柄」とはおそらく時代の市場環境を加味した個人の感覚ではないのかと思います。

    3 私の高配当基準

    私は現在の投資スタイルは米国株中心で、連続増配銘柄を主に投資対象にしています。
    現在の私の保有銘柄及び配当利回りに関して短評を列記します。
    独断と偏見なので悪しからず。

    高配当基準

    現在の市場環境で、私的には高配当の基準は税引き前で3.5%以上が基準になりました。

    みなさんはどのようにお考えでしょうか?ヽ( ´_`)丿


    ここまで読んでいただいてありがとうございます!
    にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
    にほんブログ村

    プロフィール

    inbes

    Author:inbes
    いんべすです!米国株(アメリカ株)を中心に投資を実行し配当金でセミリタイヤし起業を目指すブログです。
    20代サラリーマン投資家。
    現在は奥さんとふたり暮らしです。
    最近ファイナンシャルプランナー3級を取りました
    今後2級受験予定です
    今後米国株(アメリカ株)を中心に投資の話、節約、税金などの記事を書いていこうと考えていますのでよろしくお願いします。

    Twitter
    広告
    最新記事
    フリーエリア
    にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
    にほんブログ村
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク集
    相互リンク募集しています コメント欄にURLとサイト名おねがいします
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    免責事項
    当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。