国境調整税を踏まえた個人戦略

    SAYA072161859_TP_V.jpg
    最近、メディアで国境調整税について報道されていたので、それがアメリカ株投資家に与える影響を考えてみました。

    1 国境調整税とは?

    (米国内の売上高)-(米国内で発生した費用)=国内利益
    で計算される国内利益だけに20%の法人税を課すという考え方で、「輸入品には20%の関税がかかり、米国企業が輸出して得た利益は無税になる」ということです。

    しかし、国境調整税はまだ議論されている段階でまだ制定されていません。

    2 国境調整税が与える影響

    アメリカで輸入品に税金が徴される→輸入して商品を販売している業者が苦しくなる&輸入品値上げ→アメリカ国内インフレになる&ドル高

    3 国境調整税に影響があると予想される業種


    ①プラスの影響がある業種

    アメリカ国内で生産されているものを輸出する企業。
    シェールガス企業など



    ② マイナスの影響がある業種

    輸入して商品を販売している小売業者、石油を輸入して販売している業者
    例 ウォルマート(WMT)、VFC等



    4 個人的戦略
    これは個人的結論になるのですが、国境調整税はまだ実際に制定されていないので、不安材料視されて株価が値下がりし始め、配当利回りが上昇し始めている連続増配銘柄を仕込むのが一番いいと思います。


    私は、連続増配銘柄を超長期で保有する方針で投資をしているので、今回の国境調整税が制定されても、数十年も連続増配してきた企業にとって、多少影響があっても業績を伸ばし続けれると思っています。

    結論を言うと、

    現在保有しているWMTVFC等の連続増配銘柄小売業の配当利回りが下がれば購入したい!

    ということですw


    ここまで読んでいただいてありがとうございます!
    にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
    にほんブログ村



    スポンサーサイト

    日銀政策決定会合ある意味サプライズ?

    tsuruno10_TP_V.jpg

    こんにちわいんべすです。

    今日は日銀政策決定会合でしたね、結果は黒田バズーカどころか、黒田水鉄砲じゃないかと思うぐらいしょぼかったですなぁ。

    マスコミ各社でヘリコプターマネーとか、50年債とかいろいろな情報流してましたけどどうゆうことなんでしょうね?
    裏で、誤情報ながして株や為替売買して儲けてる奴いるんじゃないかと疑うほどでしたよ。

    しかしながら、この黒田水鉄砲にもかかわらず、日経平均は92.43円高!

    これは、サプライズですね、市場の反応はもう日銀の政策を頼らず自ら動くようになっていますので、市場の原理が働いているように思いました。

    ただ、目先はしばらくイベントなども何もないため夏枯れ相場は警戒しなきゃいけなく、
    今後も日本はヘリコプターマネーを実際にやる可能性はゼロになったわけじゃないので、今後も株やドルに資金を移しておいたほうがいいと考えています。

    コカ・コーラが結構いい感じで株価が下がってきているので買い増しを検討しています!





    ここまで読んでいただいてありがとうございます。!!



    クリック応援よろしくお願いします!
    にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
    にほんブログ村

    日本のヘリコプターマネーは、アメリカ株投資家にとって歓迎すべきか?



    a1180_006054.jpg
    まず、タイトルに書かれているヘリコプターマネーとは
    あたかもヘリコプターから現金をばらまくように、中央銀行あるいは政府が、対価を取らずに大量の貨幣を市中に供給する政策‐デジタル大辞泉より‐
    例えば、数十年前に行われた、地域振興券など直接国民に現金や商品券を配るようなこと。

    今月の11日と12日に、ヘリコプター・ベンの異名を持つ、バーナンキ前FRB議長と黒田日銀総裁と安倍総理の会合を予定していると、ニュースで流れているのを知った。

    日本はアベノミクスでありとあらゆる経済政策を打ってきたが、インフレ目標の2パーセントを達成できていなく、景気減速になっているように見えます。

    通常ヘリコプターマネーをやると、通貨安になり、インフレになるといわれていますが、ハイパーインフレになる可能性もあり禁じ手と言われています。

    おそらく国内の物価は高騰するでしょうが、円安も進むと考えられます。

    アメリカ株投資家にとっては事実上外貨を持っているわけですから、日本円資産しか持っていない人よりも、相対的にアメリカ株保有者は資産を持つことになりますが、おそらくハイパーインフレになってしまうと国内景気は一時的に悪化するのではないかと考えています。

    投資家にとって、経済政策は切っても切り離せない関係にあります。

    今月バーナンキさんと何を話し合われ、その後の日本の景気対策はどのようになっていくのでしょう。

    下記ボタンクリックでほかのアメリカ株ブロガーさんの情報満載 
    にほんブログ村 株ブログへ
    にほんブログ村






    プロフィール

    inbes

    Author:inbes
    いんべすです!米国株(アメリカ株)を中心に投資を実行し配当金でセミリタイヤし起業を目指すブログです。
    20代サラリーマン投資家。
    現在は奥さんとふたり暮らしです。
    最近ファイナンシャルプランナー3級を取りました
    今後2級受験予定です
    今後米国株(アメリカ株)を中心に投資の話、節約、税金などの記事を書いていこうと考えていますのでよろしくお願いします。

    Twitter
    広告
    最新記事
    フリーエリア
    にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
    にほんブログ村
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク集
    相互リンク募集しています コメント欄にURLとサイト名おねがいします
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    免責事項
    当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。