10月配当実績

    10月の配当実績は下記の通りになりました。


    201610haitou.png

    今月の配当合計は13012円になりました!

    今月の配当からフィリップモリスの配当とコカ・コーラの買い増しの配当が加わっているので少しだけ増額になっており、今年度の配当総額は165262円という結果になりました。

    本年度の目標配当合計25万円への進捗率は約66%になり、あと2か月で8万以上円以上の配当金が必要になりますので、目標達成は不可能に近いです。。

    目標に届かなかった、原因の一つにドル安が響いていると思います。
    一時期の125円から100円を切っているので、実質アメリカ株の配当金も日本円に換算したら、約20%減っている計算にまります。


    ただ、この目標は短期目標であくまでも一つの目安なので、そこまで焦っておりません。

    来月のアメリカ大統領選に関し市場の下落に備え、ここ最近のドル及びアメリカ株の買い増しは控えておりましたが、大統領選が終了次第積み立てを再開したいと考えております。




    ここまで読んでいただいてありがとうございます!


    にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
    にほんブログ村柿!
    スポンサーサイト

    【複利のパワー増大】平成29年度の節税対策。

    セミリタイヤを目指している私は、税金を取られないでその浮いたお金を投資して、複利のパワーを増大させています。

    平成29年度から、確定拠出年金も加わったので、どのような節税をしようとしているか紹介します。


     生命保険料控除+個人年金保険料控除

    わたしは、この枠を使い個人年金として年間16万円ほど積み立てています。
    その、個人年金の商品は税引き前で1,2%程で運用されているものです。
    この2つの枠をフルで使った場合、私の年収だと13600円控除可能です。

    ただ、この運用は節税効果は抜群ですが、運用商品がインフレに対応していないので、そこがデメリットです。

     ふるさと納税

    ふるさと納税は簡単に言うと負担で各年収に応じて上限がありますが、実質2000円で各地の商品を受け取れる制度です。
    私の世帯だと、約6万円まで納税できます。さらに納税方法はクレジットカードでも可能ですので、1,5%ポイントが付くカードを使い納税すると、約900円帰ってきますので実質1100円負担で商品を受け取れます。

    来年は還元率約70%の商品をくれる某市町村に納税予定ですので

    60000円×70%=42000円-1100円(実質負担分)=40900円の控除が可能です。

     NISA

    私の家庭は夫婦2人世帯ですので、240万円までNISA枠があります。
    この枠をフルに活用し、年間7%(配当も含む)増えた場合。

    240万円×7%=16.8万円

    16.8万円×20%(利益に対する税金)=33600円
    の控除が可能です。

    4 確定拠出年金
    最近話題の確定拠出年金に加入予定ですので、

    年27万6000円が積み立てでき
    所得税  27万6000円×10%=2万7,600円
    住民税  27万6000円×10%=2万7,600円
                   合計=5万5,200円の控除ができます。
    さらに非課税運用枠もプラスすると、
    27万6000円×7%(運用益)×20%(利益に対する税金)=約3800円が控除できます。


    5 外国税額控除

    アメリカ株の配当金は日本の税制上、まずアメリカの税金(10%)引かれた後、日本でもさらに(約20%)引かれるので、約30%税金で持っていかれます。
    ただ、確定申告をして外国勢控除の制度を使えば、アメリカでかかった税金は戻ってきます。(自分で申告しなくても戻らない制度にしてほしい)

    私は非課税で運用しているアメリカ株は約300万円ほどありますので、仮に配当金が3%だとしたら

    300万円×3%=9万円(配当金)

    9万円×10%(アメリカの税金)=9000円の控除ができます。

    ただ、この外国税控除に関しては、確定申告がしたことがないので、本年度は勉強を兼ねて確定申告してみたいと考えております。
    その際はブログに詳細を書いてみたいと考えております。

    この5つの節税対策で控除できる税金の合計は、約15万6100円
    になります。

    この額は、かなり大きいと思います。
    コカ・コーラの株(配当利回り約3%)500万円分ですからね(゚△゚;ノ)ノ
    この控除された税金でさらに株を買い、複利のパワーを存分に活用したいと思います!!



    ここまで読んでいただいてありがとうございます!
    にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
    にほんブログ村ハロウィン!




    【高配当】GSKから配当金をいただきました

    screenshot_20161020_062823.png



    GSKから配当金をいただきました。
    今期は1株当たり約0.466なので、
    158株×0.466=73.71ドルほど受け取りました。

    さすが、GSKは高配当ディフェンシブル銘柄ですね。株価はヨコヨコが続いていますが、高配当であれば私的にはOKです。
    グラクソスミスクラインはイギリスの会社ですので、ブレグジットとポンド安の影響があると思いきや、生産拠点を調べたら世界36か国にあるので、業績にはあまり影響ないとおもいますが、株価と配当には影響があります。

    私が購入してからのGSK1株当たりの配当金は

    2016/10 0.466$
    2016/7  0.5$
    2016/4 1.266$
    2016/1 0.549$
    2016/10 0.576$

    で徐々に下がってきていますね。
    イギリスが欧州離脱したのは本年の6月ですので、今後どのような影響あるのかは注視が必要です。

    さらに本年度の1株当たりの配当金は2.781$になりました。
    現在の株価41.49で配当利回りを計算しますと6.7%
    となりました。
    やはりかなり高配当ですね、今後もGSKは持ち続け配当をいただいていく考えです。


    ここまで読んでいただいてありがとうございます!


    にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
    にほんブログ村







    【節税】20代社会人の老後資産は確定拠出年金のみでOK【非課税運用】

    MIYAKO85_kaigandekyakkya20140725_TP_V.jpg
    2017年1月から加入できる人が拡大するということで、最近注目を集めている確定拠出年金ですが、どの程度の運用をすれば老後の資産を作れ、老後に必要なお金なども含めた簡単なシミュレーションをしました。


    想定例
    家族構成 27歳夫婦(いんべすの年齢)
    年収 夫のみ(会社員) 600万固定で仮定(33年で273万円の節税額)
    確定拠出年金積立額 月2.3万円(年利3%、5%、7%の3パターン)でシミュレーション

    結果は下記の通りになりました。
    kakunensimi.png

    年間7%で運用し続ければ60歳以降、月約27万円を20年間引き出し可能
    年間5%で運用し続ければ60歳以降、月約15万円を20年間引き出し可能
    年間3%で運用し続ければ60歳以降、月約12万円を20年間引き出し可能

    という結果になりました。

    さらに、夫婦の年金(国民年金+厚生年金)でおよそ月20万円受給できると考えますと。
    7%運用で月約47万円+節税額約273万円
    5%運用で月約35万円+節税額約273万円
    3%運用で月約32万円+節税額約273万円
    の使用可能です。

    豊かな老後を暮らすには月36万円あればよいといわれていますが、確定拠出年金を使用すれば簡単に老後の資産をためれるこシミュレーションで分かりました。

    確定拠出年金の口座を開く証券会社や、運用商品はいろいろありますが、私は楽天証券でたわらノーロード 先進国株式で自分の口座と奥さんの口座を開きダブルで非課税で運用する予定です。
    長い歴史から先進国の株式は平均して約6%で成長を続けているので、今後も6%程度で運用できると思います。



    上記の仮定ではこのような結果になりましたが、奥さんにも口座を作ってもらい二人で確定拠出年金に加入すれば倍の資産を得ることができます。

    アーリーリタイヤやセミリタイヤを目指していない若い会社員は、老後の資産は確定拠出年金のみで十分賄えます。
    なのでこのとても有利に運用できる制度を利用して、老後の資産は月2万円程度の積み立てのみにして、他のお金は、教育資金や旅行、住宅費などに回して、現役時代も老後も豊かな生活を送れるようにしましょう。





    ここまで読んでいただいてありがとうございます。

    にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
    にほんブログ村

    【節税】ふるさと納税引っ越し後について

    YUKA150701098458_TP_V.jpg

    私は去年からふるさと納税をして、節税をしています。
    ふるさと納税は簡単に説明すると、各市町村に納税しお礼の品を受け取ることができ、納税した分確定申告をすると所得税から控除されるので、実質2000円で食料品などを手に入れることができます。

    控除額には所得によって変わってきます。参考サイト

    いんべす家では1万円を5か所に納税し主に米を注文して食費を減らしつつ納税をしております。

    この場合実質2000円で米75キログラムが手に入れることもできます。
    いんべす家奥さんと2人暮らしなので、米に関してはふるさと納税をしてから購入することはありません。


    いんべすは今年9月に引っ越しをしました。
    引っ越しをすると当然住所が変わりふるさと納税の手続きも変わってきます。

    ふるさと納税ではワンストップ特例という制度ができ、5市町村まで各市町村に書類を送れば確定申告をしなくていい制度ができました。参考サイト

    ワンストップの書類はその年の1月末まで送ればよいのですが、今年から

    マイナンバーの個人カードor通知カード

    本人確認の書類(自動車運転免許所、パスポート等)
    の2種類必要になりました。

    いんべすは、上記の書類を送らないまま引っ越ししてしまったので、引っ越し後のワンストップ特例の書類に関し記載されている、サイトを探しましたが見つけられませんでした。
    なので、いつもお世話になっている山形県庄内町の役場に問い合わせてみました。

    ~結果~
    住所変更をしたマイナンバーカードの通知カードと運転免許証コピー書類を同封し、ワンストップ特例の書類には現在の住所を記載し送る。
    が正解だそうです。




    今後もふるさと納税で節税をして、その浮いた分をアメリカ株に投資をします。
    ここまで読んでいただいてありがとうございます。






    にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
    にほんブログ村

    個別銘柄(日米株)保有割合公開

    お久しぶりです。いんべすです。
    風邪を引いてしまい、しばらくの病休を得てブログを書いてます。

    今回は、日米株の割合を公開します。
    割合は下記の通りになりました。
    nitibeikabu.png

    全体では米株のほうが多いですが、個別だと圧倒的に日本株のコムチュアのほうが多いです。
    これは、投資歴8年で日本株100%で運用していた時のなごりです。
    その時はコムチュアのみでPFは70%を超えていましたw
    これでも当時の半分以上は売っています。

    今後日本株個別銘柄に関しては全体資産に対してのPF15%にならない限り買う予定はないですが、ひとめぼれで買う可能性がありますw

    ただ、基本的にアメリカ株連続増配銘柄のバイ&ホールドの戦略には変わりません。




    なぜこんなにコムチュアを推しているかというと理由は3つあります。

    1 第4次産業革命銘柄であり高成長の持続が見込めること。
      主な事業は、ビックデータ、クラウド、AI、IoTを活用した管理システムの作成。

    2 高配当であること。
      コムチュアは配当性向35%以上の配当を明記しており、12期連続増配中(年間24%増配)です。
      さらに今年から四半期配当、株主優待(クオカード2000円分)も加わりました。

    3 高ROEであり企業価値向上表彰(東京証券取引所実施)において一次選抜会社(50社)に2年連続で選定されていること。
      3500社中の50社

    など、上げるときりがないのですが、コムチュアは時代の変化とともにコムチュアも変化し続け成長を遂げる会社です。
    約2年前のIRセミナーで社長の力強い言葉を聞いてほれ込んで購入した銘柄ですが、今後も期待しております。



    今回は日本株メインの記事になってしまいましたが、今後のアメリカ株メインの投資には変わりないので今後ともよろしくお願いします。

    ここまで読んでいただいてありがとうございます。



    にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
    にほんブログ村

    9月末の総資産及びポートフォリオ公開


    九月末の総資産は下記の通りになりました。
    20161001sousisann.png


    2016101sisan.png
    2016101pf

    今月は6、6万円程度の増加でした。
    9月は、アメリカ株の値下がりと、円高の影響でアメリカ株資産と金が下がりましたが、日本株の運用が好調なので、ぎりぎりプラスでした。
    PFで気になるのは、会社の個人年金月財形年金に1、7万円、個人年金に6000円(節税対策)ずつ積み立てているのジワジワ個人年金の割合が増えているので、来年からは会社の財形年金の積立を辞めようかと考えています。

    そして、来年1月からは私の会社でも確定拠出年金に加入できるようになり、さらに主婦である奥さんも加入ができるので、ふたりの非課税運用枠をフルに活用する予定です。
    今のところの予定は楽天証券で口座を開き、たわらノーロード先進国株式で積み立てて非課税でインデックス運用&節税の予定です。
    たわらノーロード先進国株式にした理由は
    実質信託報酬 0.243%で約58%がアメリカ株で運用されているからです。
    2017年1月までに信託報酬が俵ノールードより低く、さらにアメリカ株で運用されている商品があればそちらに替えます。

    VIGみたいなETFみたいな商品が出ることを期待しております。





    ここまで読んでいただいてありがとうございます!
    にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
    にほんブログ村
    プロフィール

    inbes

    Author:inbes
    いんべすです!米国株(アメリカ株)を中心に投資を実行し配当金でセミリタイヤし起業を目指すブログです。
    20代サラリーマン投資家。
    現在は奥さんとふたり暮らしです。
    最近ファイナンシャルプランナー3級を取りました
    今後2級受験予定です
    今後米国株(アメリカ株)を中心に投資の話、節約、税金などの記事を書いていこうと考えていますのでよろしくお願いします。

    Twitter
    広告
    最新記事
    フリーエリア
    にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
    にほんブログ村
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク集
    相互リンク募集しています コメント欄にURLとサイト名おねがいします
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    免責事項
    当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。