初!確定申告に行ってきました。

    CH9V9A0044_TP_V.jpg

    初、確定申告に行ってきました!

    初の確定申告だったので、疑問点が2つありました。
    私はマネックス証券で特定口座(源泉徴収あり)で損失(-24万)が繰り越しにできるのか?
    そして、すでにアメリカ株の配当金は国内税の還付を受けているのですが、さらに外国税金(7722円)の控除を受けれるのか?
    という2点でした。

    1 結論
    結論から言いますと、特定口座(源泉徴収あり)でも損出が繰り越せるが外国税の控除は受けられませんでした。

    2 特定口座(源泉徴収あり)の損失繰越

    去年、確定した損失は24万円でした。そして去年特定口座内でもらった配当金は米国株配当金約8万円、日本株配当金約2万円で所得税が約1.5万円、住民税が0.5万円ですでに還付されていました。

    確定申告をすることによって、本年は約14万円ほどの損失が繰り越され、収益14万円まで国内の税金がかかりません。
    ただ、私の場合、特定口座の収益は殆どがアメリカ株の配当金で、アメリカ株の配当はすでにアメリカで10%の税金がかかっています。

    2 外国税控除

    外国税額控除とは、国際的な二重課税を調整する目的で、外国で納付した外国税額を一定の範囲で税額から控除する仕組みをいいます。

    つまり、私の場合、去年アメリカ株の配当金はすでに特定口座で還付を受けていますので、国内税はかかっていないということになり、外国税控除は対象外ということでした。

    3 今後の確定申告

    本年の特定口座におけるアメリカ株の配当金はおそらく14万円で収まるので、アメリカ株の配当金は10%のみ税金がかかることになります。

    予定ですが、今後もNISA及び確定拠出年金の非課税枠からアメリカ株を積み立て購入をして、非課税枠を使い切ったら特定口座でアメリカ株を購入する予定です。

    2018年度はおそらく、上記繰り越した損失を使い切るので、外国税控除を利用して見ようと思います。

    4 感想
    初めての確定申告でしたが、係員が親切丁寧に教えていただいたので思ったより簡単で安心しました。そして、自ら税の申告をすることで1歩アーリーリタイヤに近づいた気がします。

    平日の昼間なのにかかわらず、人がたくさんいて1時間ほど待ちで作業+相談で1時間かかり計2時間程かかりました。
    ただ、この2時間で約2、8万円節税できますので、時給1.4万円+節税の教養になったということを考えるととてもいい経験になりました!
    税務署さん今後ともお付き合いよろしくお願いします。w

    5 余談

    今回、確定申告をうけ5年遡って、還付を受けれることを聞いて、税金に関して無知であった過去の取引履歴を洗い出して、お宝が眠っているのではないかと確認してみました。

    結果
    H24年 -15万
    H25年 +128万
    H26年 +85万
    H27年 +22万
    本年 -24万

    でした。
    5年前のすべての申告をすればH24年分の損失15万分の税金、約3万円還付を受けれますが、

    5年分の源泉徴収がすべてそろっておらず、会社の庶務に連絡してそれを取り寄せる動力+5年分の申告はかなり時間がかかる。

    という2点から今回はやめておきます。


    ここまで読んでいただいてありがとうございます!

    にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
    にほんブログ村




    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    inbes

    Author:inbes
    いんべすです!米国株(アメリカ株)を中心に投資を実行し配当金でセミリタイヤし起業を目指すブログです。
    20代サラリーマン投資家。
    現在は奥さんとふたり暮らしです。
    最近ファイナンシャルプランナー3級を取りました
    今後2級受験予定です
    今後米国株(アメリカ株)を中心に投資の話、節約、税金などの記事を書いていこうと考えていますのでよろしくお願いします。

    Twitter
    広告
    最新記事
    フリーエリア
    にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
    にほんブログ村
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク集
    相互リンク募集しています コメント欄にURLとサイト名おねがいします
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    免責事項
    当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。