国境調整税を踏まえた個人戦略

    SAYA072161859_TP_V.jpg
    最近、メディアで国境調整税について報道されていたので、それがアメリカ株投資家に与える影響を考えてみました。

    1 国境調整税とは?

    (米国内の売上高)-(米国内で発生した費用)=国内利益
    で計算される国内利益だけに20%の法人税を課すという考え方で、「輸入品には20%の関税がかかり、米国企業が輸出して得た利益は無税になる」ということです。

    しかし、国境調整税はまだ議論されている段階でまだ制定されていません。

    2 国境調整税が与える影響

    アメリカで輸入品に税金が徴される→輸入して商品を販売している業者が苦しくなる&輸入品値上げ→アメリカ国内インフレになる&ドル高

    3 国境調整税に影響があると予想される業種


    ①プラスの影響がある業種

    アメリカ国内で生産されているものを輸出する企業。
    シェールガス企業など



    ② マイナスの影響がある業種

    輸入して商品を販売している小売業者、石油を輸入して販売している業者
    例 ウォルマート(WMT)、VFC等



    4 個人的戦略
    これは個人的結論になるのですが、国境調整税はまだ実際に制定されていないので、不安材料視されて株価が値下がりし始め、配当利回りが上昇し始めている連続増配銘柄を仕込むのが一番いいと思います。


    私は、連続増配銘柄を超長期で保有する方針で投資をしているので、今回の国境調整税が制定されても、数十年も連続増配してきた企業にとって、多少影響があっても業績を伸ばし続けれると思っています。

    結論を言うと、

    現在保有しているWMTVFC等の連続増配銘柄小売業の配当利回りが下がれば購入したい!

    ということですw


    ここまで読んでいただいてありがとうございます!
    にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
    にほんブログ村



    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    inbes

    Author:inbes
    いんべすです!米国株(アメリカ株)を中心に投資を実行し配当金でセミリタイヤし起業を目指すブログです。
    20代サラリーマン投資家。
    現在は奥さんとふたり暮らしです。
    最近ファイナンシャルプランナー3級を取りました
    今後2級受験予定です
    今後米国株(アメリカ株)を中心に投資の話、節約、税金などの記事を書いていこうと考えていますのでよろしくお願いします。

    Twitter
    広告
    最新記事
    フリーエリア
    にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
    にほんブログ村
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク集
    相互リンク募集しています コメント欄にURLとサイト名おねがいします
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    免責事項
    当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。