【高配当】GSKから配当金をいただきました

    screenshot_20161020_062823.png



    GSKから配当金をいただきました。
    今期は1株当たり約0.466なので、
    158株×0.466=73.71ドルほど受け取りました。

    さすが、GSKは高配当ディフェンシブル銘柄ですね。株価はヨコヨコが続いていますが、高配当であれば私的にはOKです。
    グラクソスミスクラインはイギリスの会社ですので、ブレグジットとポンド安の影響があると思いきや、生産拠点を調べたら世界36か国にあるので、業績にはあまり影響ないとおもいますが、株価と配当には影響があります。

    私が購入してからのGSK1株当たりの配当金は

    2016/10 0.466$
    2016/7  0.5$
    2016/4 1.266$
    2016/1 0.549$
    2016/10 0.576$

    で徐々に下がってきていますね。
    イギリスが欧州離脱したのは本年の6月ですので、今後どのような影響あるのかは注視が必要です。

    さらに本年度の1株当たりの配当金は2.781$になりました。
    現在の株価41.49で配当利回りを計算しますと6.7%
    となりました。
    やはりかなり高配当ですね、今後もGSKは持ち続け配当をいただいていく考えです。


    ここまで読んでいただいてありがとうございます!


    にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
    にほんブログ村







    9月末の総資産及びポートフォリオ公開


    九月末の総資産は下記の通りになりました。
    20161001sousisann.png


    2016101sisan.png
    2016101pf

    今月は6、6万円程度の増加でした。
    9月は、アメリカ株の値下がりと、円高の影響でアメリカ株資産と金が下がりましたが、日本株の運用が好調なので、ぎりぎりプラスでした。
    PFで気になるのは、会社の個人年金月財形年金に1、7万円、個人年金に6000円(節税対策)ずつ積み立てているのジワジワ個人年金の割合が増えているので、来年からは会社の財形年金の積立を辞めようかと考えています。

    そして、来年1月からは私の会社でも確定拠出年金に加入できるようになり、さらに主婦である奥さんも加入ができるので、ふたりの非課税運用枠をフルに活用する予定です。
    今のところの予定は楽天証券で口座を開き、たわらノーロード先進国株式で積み立てて非課税でインデックス運用&節税の予定です。
    たわらノーロード先進国株式にした理由は
    実質信託報酬 0.243%で約58%がアメリカ株で運用されているからです。
    2017年1月までに信託報酬が俵ノールードより低く、さらにアメリカ株で運用されている商品があればそちらに替えます。

    VIGみたいなETFみたいな商品が出ることを期待しております。





    ここまで読んでいただいてありがとうございます!
    にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
    にほんブログ村

    エクソンモービル【XOM】から配当金&XOMに関しての考え

    エクソンモービルから配当金いただきました。
    金額は
    114株(NISA含む)×0.75$=67.64$(税引き後)でした!

    エクソンモービルは私の主力にしている米株です。
     主力にしている理由は、財政面や今後の成長力というよりどちらかというと、アメリカの石油とお金との歴史を考えた時、今後石油は廃れることないし、代替エネルギーも根付かないと予想しているからです。
     
     石油は実際どのように作り出されているのか実際は分かっていないのが現状で無限に出てくるも可能性があります。
     なので、アメリカは中東から石油資源を抑え価格調整をし、ぼろ儲けしている(し続ける)という説を私は信じています。

     今後代替エネルギーが根付かない理由として、過去に水で走る自動車が開発され現在も研究されていますが、全く市場には出ていませんし、電気自動車も正直普及していません。
     石油以外で走る自動車が開発されれば石油利権が石油の値段を下げたり、他の力を使って普及しないようにします。
     車は発明されてから100年以上たちますが、車だけがあまり進化してないようにも感じます。 
     世の中この100年で、色々なものが進化してきました。
     例えば情報関係ですと手紙→電話→携帯電話→スマートフォンと飛躍的な進化をしていますが、 車の部品や性能などは確実に進化していますが、車は車です。
     なので、車に関しては今後自動運転等の進化は来ると思いますが、原動力に関しては意図的に石油のまま(だと私は確信しております。

     今後石油はなくならないし、次の新しいエネルギーが開発される前に石油利権の関係で根付かないと考えてるので、今後石油価格が下がろうとも、採算がとれるように調整をし続けると思います。

     長くなりましたが、現在の石油関連会社の配当利回りはかなり高いので、下がれば買い増ししたいと考えています。
     




    ここまで読んでいただいてありがとうございます!





    にほんブログ村 株ブログへ
    にほんブログ村

     

    【早期セミリタイヤ希望!】初めて転勤して思ったこと。

    LISA78_hozonshitene-20141018102704-thumb-autox1600-17988 (1)

    最近、初めの転勤でよりセミリタイヤ志向が強くなりました。


    理由は転勤が非常にめんどくさいということです。

    まず、転勤に伴い引っ越しをしなければいけません

    まず、業者選びから開始して少しでも引っ越し費用を抑えるために一括比較サイトで4社見積もりましたが、そのたび営業マンが家に訪れ、見積もりをしなければいけません。

    おかげで最初の業者28万→3社目の業者13万まで価格を抑えることができましたが、仕事中にもかかわらず電話がたくさんかかってきてしまったので、結構負担でした。

    そして、家の引っ越し作業も非常に面倒でした。
    私は、転勤族なのである程度荷物を増やさずミニマリスト的な生活を行っていているにもかかわらず、段ボールに荷物を積めるのは非常に時間がかかり、部屋も綺麗にしなければならないので、その作業も負担になりました。

    そして、次に面倒だったのが、住所変更に伴う各種手続き。

    ざっと上げると、

    ①住所変更
    ②転入届
    ③転出届
    ④免許変更
    ⑤車のナンバー変更(自賠責、任意保険、車庫証明)
    ⑥銀行口座の住所変更
    ⑦クレジットカードの引き落とし先変更(地元地銀を使用していたため、ゆうちょ銀行に変更したため)
    ⑧証券口座住所変更
    ⑨その他インターネットサービスの住所変更
    ⑩ガス、電気、水道、携帯、ネット、etc
    と非常に手続きが多いのです。

    特に、インターネットの手続きが非常に面倒でした、以前はSOFTBANK光を使用していたのですが、転勤先はつながってないため、他の業者に替えたのですが、解約料、工事料金などいろいろ、かかり、さらに解約するたびに、コールセンター待で長時間つながらない電話をしなきゃません。

    次の転勤が2年後と確定しているので、今回を期にGMOと契約しURoad-Home2+を使用しています。

    これは、コンセントにさすだけですぐネットに接続できるので、今後の転勤のストレスを少しだけ改善させました。




    あと、勤務地が変わるので新たな人間関係を構築するのも結構ストレスになります。


    やはり、私は今の転勤族の会社員には向いていないと思います。
    給与こそそこまで悪くないのですが、私はお金より自由がほしいと考えているので、やはり、早くセミリタイヤして起業して、自由気ままな生活を実現させたいです。

    現時点べたな考えですが、奥さんと自宅でカフェなんかできたらいいなと、考えています。
    転勤はないし、通勤時間0分だし、自分のやりたいようにできます。

    ただ、飲食店は生き残るのが非常に難しいと分かっているので、株などの配当金で生活できる水準になってから会社をリタイヤし、その退職金で開業資金にして、おこずかい稼ぎ程度のゆったりな感じで働きたいと考えているのが現在の希望です。

    男性の健康年齢は71歳といわれています。

    つまり、65歳まで働いて定年すると、いわゆる第2の人生は6年しか健康に謳歌することはできません。

    自分の自由を会社に差し出し、そのお金で食べていく人生なんて嫌です。


    そんなことを思いながら、複利のパワーをフル活用して投資を継続すると改めて思った休日の午後でした。





    ここまで読んでいただいてありがとうございます!
    にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
    にほんブログ村

    【経済的自由】アーリーリタイヤ及びセミリタイヤについて本気を出して考えてみた。

    TSU_ishinoue_TP_V.jpg

    私がなぜ投資をしているかというとアーリーリタイヤ及びセミリタイヤが目標だからです。


    私は大学を卒業し、某企業に勤めていますが、はっきり言って辛いです。

    時間的拘束と仕事のストレスが半端ないです、初期の頃はうつ病になりかけた時もあって、その時に今後の人生について考えた時に、転職など考えたのですが、よく言われる「3年は我慢しろ」ルールに従い転職は辞め、他の方法について考えました。




    その時期に、有名な金持ち父さん貧乏父さん改訂版 [ ロバート・T.キヨサキ ]を読んで、インカムゲインを得ながら、経済的自由を得ることを知り、

    投資

    という答えにたどり着きました。

    自分の時間と体力を雇用主に差し出し、雇用主からお金を得る生活を辞め、お金に働いてもらい経済的自由を得ることを決心しました。



    具体的に、いつ頃経済的自由になるか計算してみました。

    まず、それを知るには、普段いくらぐらい支出があるのか調べる必要があります。

    いんべす家は共働夫婦です。

    2015年の支出は

    食費30万
    日用雑貨5万
    教育教養(ジム、習い事など)14万
    美容衣服13万
    医療費9万
    通信費10万
    居住費54万
    光熱費8万
    車22万
    おこずかい57万円

    1年間で約222万円でした。

    無理なく、経済自由を手に入れるのには配当金222万円あればいんべす家でできる計算になります。

    インカムゲイン222万への計画を立ててみました。

    本年度のインカムゲインの見込みは25万円(現時点11%達成)です。
    今後、アメリカ株メインで連続増配銘柄に年間200万円(給与所得増加に伴い1年間に1%ずつ増加)投資
    配当金は2.5%(税引き後)
    さらに保有銘柄が年間平均6%増配
    という想定で計算したら下記の通りになりました。
    グラフの数字の単位は(万円)です

    haitou,keikaku



    keizaifrree.png
    リタイヤの話からはそれますが、この想定だと定年まで働いたら配当金だけで1900万超えるんですね
    私は、お金がほしいわけじゃなくて目指してるのは経済的自由なので、定年まで働く選択肢はないです。


    計算上では15年後に222万円超えアーリーリタイヤ可能です。


    ただ15年って短く感じますが結構長いです。


    セミリタイヤで考えると、
    生活に必要な資金以外は自分で稼ぐ(お小遣い、ジム、携帯代、衣服代)想定だと、

    222万‐(お小遣い、ジム、携帯代、衣服代)=138万円にまります。

    138万円だと約10年後には、配当金で生活に必要な資金は賄えます。

    後は、お互いに自由に使うお金を稼げればいいです。
    アルバイトでもなんでもストレスのかからない仕事がいいです。
    そして、今夢見ているのは自分のお店か会社を持つことです。
    奥さんと、趣味程度にカフェを経営したいなど話したりしますが、将来そうゆう風にできたら幸せにセミリタイヤ達成です。


    ざっくりとアーリーリタイヤ及びセミリタイヤについて考えましたが、複利の力のすごさに驚いています。

    今現在では夫婦2人で暮らす想定ですが、将来子供ができたり、急な出費があったら想定が大きく変わるので、現時点でのいんべすの皮算用です。

    このような将来の計画を練っていると現在の仕事のモチベーションにもなりますし、リタイヤが可能だと知れば精神的な余裕も出てきます。

    今後もこの計画に沿って、連続増配銘柄に投資をし続けます!!



    ここまで読んでいただいてありがとうございます!
    にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
    にほんブログ村


    プロフィール

    inbes

    Author:inbes
    いんべすです!米国株(アメリカ株)を中心に投資を実行し配当金でセミリタイヤし起業を目指すブログです。
    20代サラリーマン投資家。
    現在は奥さんとふたり暮らしです。
    最近ファイナンシャルプランナー3級を取りました
    今後2級受験予定です
    今後米国株(アメリカ株)を中心に投資の話、節約、税金などの記事を書いていこうと考えていますのでよろしくお願いします。

    Twitter
    広告
    最新記事
    フリーエリア
    にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
    にほんブログ村
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク集
    相互リンク募集しています コメント欄にURLとサイト名おねがいします
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    免責事項
    当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。